主な事業

主な事業

バス事業

一般乗合バス事業

一般乗合バスとは、みなさんが町で目にする一般路線バスです。岩手県北バスは1943年に創業し、人々の生活を支えてきました。現在は、岩手の沿岸や県北を中心に路線バス事業を展開しています。冬の八幡平を走る現役のボンネットバスは、年齢50歳。地域の方や愛好家に親しまれています。岩手県は高齢化・人口減少という課題に直面し、それに伴いバス事業も利用者の減少などの影響がでています。地域の公共機関と連携し、コミュニティバスを走行するなど、地域の活性化にも積極的に取り組んでいます。

高速バス事業

盛岡から県内(宮古・久慈)や東北各地(青森・弘前・八戸・大館・仙台)などを結ぶ高速都市間バスや東京・横浜へむかう高速夜行バスを運行しています。また世界遺産の平泉(岩手県)と日本三景の松島(宮城県)を経由する花巻空港と仙台空港を結ぶ観光路線バスの運行を開始しました。2つの地方空港を結ぶ観光路線バスは国内で初めてです。海外のお客様の利用も増えており、今後も多様化する人々のニーズにこたえていきます。

貸切バス事業

修学旅行やツアーなどに使われる貸切バスの事業も行なっております。学校や企業に対して営業活動を行い、運転手、バスガイドと協力して、バスを運行します。使用するバスは、公益社団法人日本バス協会の「貸切バス事業者安全性評価認定制度」の評価認定委員会において、安全に対するハード・ソフトの取り組みがさらに優良と認められ、2015年9月15日に二つ星から三つ星へとその評価がランクアップしました。また2018年に「プロが選ぶ優良観光バス30選」に入選しました。

観光事業

旅行業も岩手県北グループを支える重要な事業の一つです。日常を離れて、楽しい時間をすごしていただくため、私たちはお客さまの立場にたち、「旅」という商品を開発し、ご提供してきました。お客さまへお届けするまでには、まず営業、企画、スタッフなどがお客さまの顔を頭に浮かべて、さまざまな「旅」を作り出します。そして直接お客さまへお届けするアンカーの役割を果たすのがバスガイドです。息がぴったりと合ったリレーチームがあってこそ、旅をお届けできるのです。海外のお客さまも増えています。バトンをしっかりと渡していきます。

遊覧船事業

三陸復興国立公園の中にある白い岩肌に緑の松のコントラストが美しい国の名勝『浄土ヶ浜』。その浄土ヶ浜を出港し、国の天然記念物や災害にも負けない海岸美を満喫できる約40分の湾内クルージングを行なう遊覧瀬事業を行なっています。

浄土ヶ浜パークホテル

三陸復興国立公園の『浄土ヶ浜』望む高台にたつ浄土ヶ浜パークホテルを運営しています。美しい景観と三陸の海の恵が自慢のホテルです。皇族の方もお泊りになった伝統あるホテルです。

岩手山サービスエリア

岩手山サービスエリア(上り)を運営しています。レストラン、売店、軽食コーナー、ベーカリーなどがあり、多くの人でにぎわっています。商品選定やメニューなどに独自色をだし、工夫を重ねています。